D.I

今日はアコギでライブする方には

必需品のDI(ダイレクトボックス)トークです。

 

僕自身はほとんどステージではエレキギターか、

 

エレガットをローランドの「ACシリーズ」のアンプに繋いでの

出力というのがほとんどでした。(アコギはほとんど弾きません)

 

そして、去年

 

エレガット1本で、自分のアコースティックSOLOツアーに出る時に、

 

どうやって毎回安定した「自分の音」を出すか考えました、、、

 

その結果、やはり店の卓(ミキサー)から音を出すしかない!

 

とはいえ、直接繋いだ卓の音は無機質で好きではないので、

やはりDIを買うはめに。

 

FISHMANのAura SpectrumというDIを3万円位で購入したのですが(今は約5万の実売)、

 

びっくり!!!今のDIって音の補正だけでなく、色々なシュミレーターが付いてるんですね!

 

その時の使用ギターはエレガットなので、「Nyron」モードを使ったのですが、

その中からも16種類のシュミレーターから選べるので、

自分好みのものがきっと見つかるはずです!

 

それを僕は

 

ギター〜DI〜自分の持参したサブミキサー(ここでEQやリバーヴを調整)〜卓へ

 

というセッティングをしてライブをこなしていきました。

 

レコーディングなんかも生音マイク録りをせずとも

空気感だけなら充分といった感じでした。(個人的な意見)

 

皆さんもギター(アコギ)の音で変化を求めてるなら、

 

高い買い物ですが、DIを見直してみたらいかがでしょう??

 

7fea7b1ff5c7eb2e9a28c499801e52af937a38

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.